“古蒼”の読み方と例文
読み方割合
こそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、この一見こんとんとして猥雑・病菌・不具・古蒼の巣窟みたいなレクトル・エケクランツの店は、不思議とそれだけでひとつの調和を出していた。その効果は成功だった。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
ことに、一歩北部連山地方にいたらんか、その温候は四季を通じて倫敦の秋を思わしめ、自然の表情、またこの山岳部にきわまるというべし。途中、古蒼の宗教都市カンデイあり。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
敵とか、味方とか、そういうても掻き消え、長政が信長にいだいていた感情やら反抗やら、あらゆる小さい妄念は、ふと、彼のすがたや心から古蒼した胡粉のようにがれていた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)