“古版”の読み方と例文
読み方割合
こはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晶子が捧げた「新訳源氏物語」や僕の捧げた古版の浮世絵と自著の詩集などを開きら、日本の文学美術にて何くれと問はれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
口上茶番や遊食会など江戸ッ子の残党が大いに智恵を絞ったもので、古版小話本や柳だるの世に出たのも、これらの手合がまずさきがけ。
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
平岡の細君は、色の白い割にの黒い、細面眉毛判然る女である。一寸見ると何所となくしい感じの起る所が、古版の浮世絵に似てゐる。帰京後は色光沢がことにくないやうだ。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)