“参河守”の読み方と例文
読み方割合
みかわのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又、蒲冠者範頼は参河守、九郎冠者義経は左衛門尉にそれぞれ昇級した。義経は九郎判官と呼ばれるようになった。
津山の城主松平越後守斉孝の次女へ壻入したのは、家斉の三十四人目の子で、十四男参河守斉民である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「……鎌倉殿のお仕打です。くに、鎌倉殿のご推挙によって、あの無能な蒲殿さえ、参河守に任官され従五位下にせられておるではございませんか」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)