“即吟”の読み方と例文
読み方割合
そくぎん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或る男が賀茂参詣するとて、紙のはばきを巻いて家の前を通る。是に向かって即吟
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その赤飯だ。その上に船賃を取らんのだ。乗合もそれは目出度と言うので、いくらか包んでる者もあり、即吟で無理に一句浮べる者もありさ。まあい思いにッてやったといたまえ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここで直ぐ料理に掛けるのが即吟で、点になるのだ。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)