“半宵”の読み方と例文
読み方割合
はんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
更に流霜ふ事半里にしてに到り、巌角につて遥かに湾内の風光を望み、雁影を数へつゝ半宵に到りぬ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
無自覚に歌と酒と遊びとに、この半宵を過せばよかったのです。
半宵物成高五百円位、きわめて景気よしともある。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)