“勘右衛門”の読み方と例文
旧字:勘右衞門
読み方割合
かんえもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新村は隣り屋敷で、家格は岸島よりやや低く、勘右衛門は七百二十石の中老を勤め、夫婦のあいだに二男一女があり、末娘の七重と出三郎とは幼なじみであった。
艶書 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それは明治十五六年の秋のことであった。ある日、一人の旅僧が飄然とやって来て、勘右衛門という部落でも一番奥にある猟師の家の門口に立って、一夜の宿をうた。
風呂供養の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
岡本况斎、名は保孝、通称は初め勘右衛門、後縫殿助であった。拙誠堂の別号がある。幕府の儒員に列せられた。『荀子』、『韓非子』、『淮南子』等の考証を作り、国典にも通じていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)