“剛張”の読み方と例文
読み方割合
こわば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
剛張った両腕をぶん廻しながら事務室へ行ってのぞき込むと、書記は面倒くさそうに刷り上った幾枚もの紙を揃えて、さらに何かペンで数字を訂正している。
(新字新仮名) / 犬田卯(著)
彼女の様子は剛張っていた。そのくせ心はまりなく動いていた。先刻出かけようとして着換えた着物まで、平生と違ったよそゆきの気持を余分に添える媒介となった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし、その語尾は、もはや舌が剛張って、思うようにいえなかった。
歌麿懺悔:江戸名人伝 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)