“六道輪廻”の読み方と例文
読み方割合
ろくどうりんね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、霊魂不滅論をだんだん進めてここに至れば、仏教の三界流転、六道輪廻説をも弁明せねばならぬことになりました。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
そうか、その美しい尼さんがいたらどうする、いなかったらどうする、どうもこうもありはしない、ただ六道輪廻の道筋をたずねてみたいばっかりだ、と答えれば、まず上出来の方である。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
これらの点をよくよく考えきたらば、霊魂不滅はもちろん、仏教のいわゆる三界流転六道輪廻ですらも、いくぶんか分かるようになりましょう。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)