“八葉”の読み方と例文
読み方割合
はちよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはその時の模様に、八葉蓮華んで二羽の孔雀つけてあったのを、その唐人たちが眺めながら、「捨身惜花思」と云う一人の声の下から
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
糸毛の八葉の輦、輿や牛車が、紅葉をかざして、打たせているし、宏壮な辻々の第宅には、昼間から、催馬楽の笛が洩れ、加茂川にのぞむ六波羅薔薇園には、きょうも、小松殿か、平相国かが
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八葉芙蓉の花を一りんのかつらのにさかせてぞみる