“保土”の読み方と例文
読み方割合
ほど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保土某寺の僧侶が写真を撮る必要があって、横浜へ往って写真屋へ入り、レンズの前へ立っていると、写真師は機械に故障が出来たからと云って撮影を中止した。
レンズに現われた女の姿 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
やがて保土。だが停車しても博士は別に立上ろうとするでもない。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
武蔵橘樹保土町大字帷子
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)