“会津屋”の読み方と例文
読み方割合
あいづや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうしたわけでわれた安も、拳のに崩れた丸髷を整えるもなく、山内へ逃げ帰る。栄次郎の忠兵衛は広瀬を名告る前の頃で、会津屋へ調停に往くことを面倒がる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
やはり四谷通りの伝馬町会津屋という刀屋の店を出していましたので、わたくしの家とは近所でもあり、かたがたしてわたくしの家の後見というようなことになっていました。
蜘蛛の夢 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
新潟の花街で名うての、庄内屋の養女だった静枝までが、船着き場へ迎いに並んだほど、九女八の乗り込みは人気があったのだが、それも、会津屋おあいといった芸妓が、市川流の踊りの師匠で
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)