“唐津屋”の読み方と例文
読み方割合
からつや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どの町のどの唐津屋いて見ても、石見のものはすくない、瀬戸、美濃、有田、信楽等と、他国のものが店を支配し家庭を支配する。それは石見では小ものを焼かないからである。
雲石紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)