“仔蜘蛛”の読み方と例文
読み方割合
こぐも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無数の仔蜘蛛は続々と、そこから広間へれて来た。と云うよりはむしろその敷物自身が、百十の微粒分子になって、動き出したとも云うべきくらいであった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)