“今宮神社”の読み方と例文
読み方割合
いまみやじんじゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正気にかえって、ポカンとあたりを見まわしたのは、ゆうべ、今宮神社境内で、馬にけられてヘドをいて、あのまま気絶していた泣き虫の蛾次郎
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こう気がついたので蛾次郎も、にわかに足をはやめて今宮神社から、のほうへ歩きだした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
森をこえて紫野に、うす桃色の花の雲をひいて、今宮神社大屋根が青さびて見える。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)