“氏神社”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うじがみしゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岡山県の各郡などでは、村々の氏神社うじがみしゃで行うこの協同の祈願祭を、総参そうまいりといい、またせいまいり、せい祈祷ともいっている。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
たった一軒の家のうれいや悩みでも、それが村人のひとりであるかぎり、けっして神さまは打ちてて置かれなかったことは、まえに紹介しておいた蓆旗むしろばたの繩を、氏神社うじがみしゃから子の欲しい家へ
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)