“今宮”の読み方と例文
読み方割合
いまみや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これがつい、いましがた、今宮境内修羅にしてれまわった男とは、思えぬような、弱音である。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜になっても、今宮境内はにぎやかであった。そこで蛾次郎は、はじめてホッと人心地にかえった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとき、あなた——今宮舞楽殿では、太鼓、そしてがゆるぎだした。やすらいりのどよめきにあわせて、神楽囃子がはじまったのであろう。——悪魔たいじの御神楽歌
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)