“人瘟気”の読み方と例文
読み方割合
ひといきれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お庄は帰りにそっちへ廻って、人込みのなかを子供を負ったり歩かせたりして彷徨いていた。土のいと油煙と人瘟気とで、呼吸のつまりそうな通りをおりおり涼しい風が流れた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)