“人蒸気”の読み方と例文
読み方割合
ひといきれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一と晩の間締め切った四畳半の空気はランプの油煙や人蒸気で息がつまるように熱苦しい。寝床の上の硝子窓から朝日が毒々しく照って、瞳がクラクラする。
The Affair of Two Watches (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)