“人俵”の読み方と例文
読み方割合
ひとだわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
役人の一人は鉄杖を持ち直して、脚下に転がった人俵の一つの胴中をびしゃりとやった。その人俵からは老人の白髪頭が出ていた。
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
所司代の役人達は手にした鉄棒で、蓑虫のように頭ばかり出したその人俵胴中をびしびしといた。改宗に志のある者は不自由な体を無理に動かして転がった。
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
見物人の一人は、ぐ眼の前の人俵のうめきの中に、かすれた男の声を聞いて、どの顔の主からそれが出ているかを確めにかかった。それは下積になった商人らしい男の口からであった。
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)