“五坪”の読み方と例文
読み方割合
いつつぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は庭を見廻した。庭という名のもったいなく聞こえる縁先は五坪にも足りなかった。無花果が一本あって、ぐさい空気の中に、青い葉を少しばかり茂らしていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
五坪には過ぎざる庭なり。
草あやめ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
芝生は南に走る事十間余にして、高樫の生垣に尽くる。幅は半ばに足らぬ。き植込にぎられた奥は、五坪ほどの池を隔てて、張出の新座敷には藤尾の机が据えてある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)