“丸木船”の読み方と例文
読み方割合
まるきぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで大阪まで行くには如何しても船賃が足らぬと云う見込だから、そこで一寸と船宿の名をて、れから鉄屋に別れて、諫早から丸木船と云う船が天草の海を渡る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
天皇はこの皇子のために、わざわざ尾張相津というところにある、二またになった大きなすぎの木をお切らせになって、それをそのままくって二またの丸木船をお作らせになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
ボートはモレロたちの作った丸木船だ。けれどもとより二人は知らない。
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)