“丸曲”の読み方と例文
読み方割合
まるまげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君はおのづから君の本地ありて其島田をば丸曲にゆひかへる折のきたるべく、うつくしき乳房を可愛き人に含まする時もあるべし、我れは唯だ君の身の幸福なれかし
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
君はおのづから君の本地ありてその島田をば丸曲にゆひかへる折のきたるべく、うつくしき乳房を可愛き人に含まする時もあるべし、我れは唯だ君の身の幸福なれかし
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れははれてるゝなれどもいさゝかをばなすまじ、はおのづから本地ありて其島田をば丸曲にゆひかへるのきたるべく、うつくしき乳房可愛まするもあるべし
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)