“三階松”の読み方と例文
読み方割合
さんがいまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうでも、好いさ。——まあ、ちっと休もうか」と甲野さんは蓮池に渡した石橋欄干に尻をかける。欄干の腰には大きな三階松が三寸の厚さをかして水に臨んでいる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
うち霞む三階松の空にして尾長はぶかその尾ひらめく
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黒い暖簾がふわふわしている。白い字が染抜いてある。その次には頭をめるくらいに軒灯が出ていた。真中に三階松が書いて下にとあった。その次には硝子の箱に軽焼が詰っていた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)