“伊三松”の読み方と例文
読み方割合
いさまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それと相對して古道具屋と稱する實は屑屋の伊三松、その妹のお吉は、十九の年盛りで、お春の豊滿さと對蹠的に、これは痩ぎすの美しい娘振りでした。
「八兄哥には泉屋の店口を頼むぜ。筋向うの辻番から、伊三松と交り番こに睨んで居りや宜い」
「八兄哥には泉屋の店口を頼むぜ。筋向うの辻番から、伊三松り番こに睨んでおりゃいい」