“一六勝負”の読み方と例文
読み方割合
いちろくしょうぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安さんも達磨に金をぎ込むのかしら、の中で一六勝負をやるのかしら、ジャンボーを病人に見せて調戯うのかしら、女房を抵当に——まさか、そんな事もあるまい。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)