“ユーモア”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
諧謔50.0%
滑稽25.0%
飄逸25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、手にした埃りっぽい譜本を示したが、その皮肉な諧謔ユーモアに、検事は釘づけられるような力を感じた。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「うんそうだ。レヴェズの失踪が、僕に栄光を与えてくれたよ。現在僕等の受難たるや、あの男の物凄い諧謔ユーモアを解せなかったにある。ねえ熊城君、あの鍵は殯室モーチュアリー・ルームの中にあるのだよ。廊下のドアは、内側から鎖されたんだ。そして、レヴェズは奥の屍室の中に姿を消したのだよ」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
山の手ウエストエンドのエハガキ店頭の滑稽ユーモアは大体犬と猫とが独占している——。
ロンドン一九二九年 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
なるほど、飄逸ユーモア戯喩ジョークは、一種の生理的洗滌せんできには違いないがね。しかし、感情のけ口のない人間にとると、それがまたとない危険なものになってしまうんだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「いかがです法水さん、機智ウイット飄逸ユーモアでは、あのドアは開けられんでしょうからな。それとも、熔鉄剤テルミットでしょうか。いやとにかく、貴方がああいう奇言をお吐きになるには、無論相当な論拠がおありの上でしょう」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)