“センス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:せんす
語句割合
意味40.0%
感覚40.0%
敏感20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ナンセンスは「意味センス無しノン」と考えらるべきであるのに、今、日本のモダン語「ナンセンス」は「悲しき笑い」として通用しようとしている。
ピエロ伝道者 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
ナンセンスは「意味センス無しノン」と考へらるべきであるのに、今、日本のモダン語「ナンセンス」は「悲しき笑ひ」として通用しやうとしてゐる。
ピエロ伝道者 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
矢張評判にそむかないだけの詩人の感覚センスといふものを持つてゐると見える。
そのなかで、内田博士はかういふ方面にもかなり感覚センスの利く人で、菓子なども方々のを味はつてみたが、やはり藤村の羊羹が一等いいと言つて、いつも東京から取寄せては食つてゐた。
画家ゑかきに本よりも大切だいじなのは敏感センスである。
新村教授は本を読む画家ゑかきの代表として富岡鉄斎をあげて、あの人のには気品があるといつたさうだが、よしんば気品はあるにしても、鉄斎の画には画家ゑかき敏感センスが少しも出てゐない。