“ゐねん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
惟然66.7%
維年33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芭蕉のるゐした諸俳人、凡兆、丈艸ぢやうさう惟然ゐねん等はいづれもこの点では芭蕉にかない。
続芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「俳諧なども生涯の道の草にしてめんどうなものなり」とは芭蕉の惟然ゐねんに語つた言葉である。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
源波響は蠣崎かきざき氏、名は広年くわうねん、字は世詁せいこ、一に名は世祜せいこ、字は維年ゐねんに作る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)