“わたまし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
移徙50.0%
移転50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従ってこの集の中には「鋸屑おがくず移徙わたましの夜の蚊遣かな 正秀」とか、「ふむ人もなきや階子はしごの夏の月 臥高」とか、「上塗うわぬりも乾や床の夏羽織 探芝」とか、新築気分の横溢したものがいろいろある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
その移転わたましの式の日、頼朝のいでたちは水干すいかんに騎馬で、前後左右、おびただしい武者を従え、新館の寝殿(正殿)にはいると、美しき御台所とならんで、出仕の武士三百余人に、えつを与えた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)