“ゆげん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
諛言66.7%
諭言33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れども余は存生中の人を評論するに於て、二箇のおもしろからぬ事あるをおもんぱかるなり、其一は、もし賞揚する時に諛言ゆげんと誤まられんか、若し非難する時に詬評こうひやうと思はれんか、の恐れあり。
俗務をおッつくねて、課長の顔色をけて、しいて笑ッたり諛言ゆげんを呈したり、よつばいに這廻わッたり、乞食こつじきにも劣る真似をしてようやくの事で三十五円の慈恵金じえきんに有附いた……それが何処どこが栄誉になる。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
だが、一夜親しく彼を訪ねて、蜀臣全体の不安を代表するかのように、それとなく、彼をいさめにきた太史譙周しょうしゅうにたいして、彼の諭言ゆげんは懇切をきわめた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)