“もゝき”の漢字の書き方と例文
語句割合
百木100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裏山に雪の来ぬると湖岸うみぎし百木もゝきの紅葉散り急ぐかも
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)