“もりびと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
傅人75.0%
守人25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「城内から、お市の方様、また小さい和子様たち、お幾人いくたりも背にしばって、浅井家の傅人もりびと三、四名の衆とごいっしょに……」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒田家から傅人もりびととして井口兵助、大野九郎左衛門などを付けてよこしてあるが、竹中家としてもほとんど主人半兵衛の嫡子ちゃくし同様に待遇たいぐうしていた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たくわえもなければ領地もない定明はいずれは、のたれ死をするくらいが落ちであろう、経之はその年も暮れ、ふたたび冬が来、春も近づこうとする頃、北のやかたの守人もりびとのいうには、南野みなみののはてに定明らしい者がたむろしているとも言い
野に臥す者 (新字新仮名) / 室生犀星(著)