“ふところで”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
懐手83.3%
懷手11.9%
懐中手4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、暑気の中に懐手して、めあてなく街を歩いた。額に、窓の開く音が、かすかに、そして爽やかに、絶え間なくきこえてゐた。
これが半纏うはち威勢いのでなく、古合羽足駄穿懷手して、のそり/\と歩行きながらぶゆゑをかし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
併し頭の禿げた連中は仕方が無いとして若い者は奈何かと云ふと、矢張駄目だ。血気盛んな奴が懐中手をして濡手で粟の工風ばかりする老人連の真似をしたがる。
青年実業家 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)