“びと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ビト
語句割合
90.9%
8.0%
ファリセイ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝいかなる王者の姿ぞやいまなほ彼に殘れるは、彼はヤーソンとて智と勇とによりてコルコより牡羊を奪へる者なり 八五—八七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
『ピナコテエク』の出でし時は、雪いま晴れて、中道なる並木の枝は、つ薄き氷にてつつまれたるが、今点ぜし街燈に映じたり。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
我に曰ふ、かしこに刺されて汝の目をひくはこれファリセイに勸めて、民の爲にひとりの人を苛責するは善しといへる者なり 一一五—一一七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)