“ははか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
波波迦50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は、藻抜けのの寝台の上に身を投げかけると、あたりらずオンオン泣き出した。その奇妙な泣き声にいて、婦長が駆けつけてくる。朋輩が寄ってくる。
柿色の紙風船 (新字新仮名) / 海野十三(著)
天の香山眞男鹿の肩を内拔きに拔きて一一、天の香山の天の波波迦一二を取りて、占合まかなはしめて一三、天の香山の五百津の眞賢木根掘じにこじて一四