“はゞは”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
り乍ら磯の安松、三尺高い木の上から小唄の良いを海の向うの房州の阿魔つ子に聽かせてやり度えくらゐのものだ