“はばか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハバカ
語句割合
99.8%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これにはもちろん一々証拠のあることで、私は私の学問的良心の命ずるところにしたがって、これを断言してらないのであります。
融和促進 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
いまだ胃吉と腸蔵に対してる所あり「それでは少々戴きましょう、餅は沢山ですから汁だけでも」と一口二口試みけるが舌打鳴らし
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
これが普通の場合だと横手を打つところですが、何にったか、子分共は互に顔を見合せてしんみり感嘆します。
悪人の娘 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)