“なまづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
90.0%
生冷10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それがだんだんかわつててきました。おたまじやくしになつたのです。男蛙はそれをみると氣狂ひのやうになつてりだしました。をうんだとおもつたのです。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
付よ其方は餘り正直過るゆゑなり早々御酒のかんを付燒乾しを煮付にして上よと申付るに彌助は諾々と云ながら酒のかんを付肴をへて出しければ武士は大いに機嫌愉快氣に酒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
タッタ一つ眼に残っているのはあの鉛色の水銀燈のイヤアな光りだけなんで……まったくあの陰気臭い生冷めてえ光りばっかりは骨身に泌みて怖ろしゅうがしたよ。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)