“とっくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トックリ
語句割合
徳利95.2%
徳久利4.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そのがくになっているお徳利とっくりはいかがですか? 色がよく出ているとおっしゃって、先生がほめてくださいました」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
大甕おおがめ、酒甕、捏鉢こねばち徳利とっくり花立はなたてつぼ、これが広っぱに山のように積んである。
北九州の窯 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
なにしてやがるかと思って、やぶけた窓の障子からのぞくとね、ポンポチ米を徳久利とっくりきながら勉強してやがるんだ。使いにゆく時だって破れはかまをはいてね、こちとら悪太郎の仲間になんかはいらねえで、いやに賢人ぶった子供だったよ。