“ちよきぶね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
猪牙舟50.0%
猪牙船25.0%
猪木舟12.5%
緒牙船12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは子刻こゝのつ(十二時)近い時分でした。兩岸の灯も消え、吉原通ひの猪牙舟ちよきぶねの音も絶えて、隅田川は眞つ黒に更けて行きます。
わたくしは稲荷橋に来て、その欄干に身をよせると、おのづからむかし深川へ通つた猪牙舟ちよきぶねを想像し、つゞいて為永春水の小説春暁八幡佳年しゆんげうはちまんがねの一節を憶ひだすのである。
町中の月 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
猪牙船ちよきぶねの製は既に詳しく知りがたく、小蒸気の煽りのみいたづらに烈しき今日、遊子の旧情やがては詩人の想像にものぼらざるに至るべし。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
山谷堀さんやぼりにして、その幅甚だ濶からずといへどもただちに日本堤の下に至るをもて、往時むかし吉原通よしわらがよいをなす遊冶郎等のいはゆる猪牙船ちよきぶねを乗り込ませしところにして
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
寂寞じやくまくかか猪木舟ちよきぶね
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
大川筋の船、大きいのは五百石、千石づみから、小さいのは釣舟、緒牙船ちよきぶねにいたるまで、虱潰しらみつぶしに調べあげられた結果、拔荷ぬけにを積んだ船が一艘發見されました。