“緒牙船”の読み方と例文
読み方割合
ちよきぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大川筋の船、大きいのは五百石、千石から、小さいのは釣舟、緒牙船にいたるまで、虱潰しに調べあげられた結果、拔荷を積んだ船が一艘發見されました。