“たいけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
大家100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十九になるまで身の納まりの付かなかった娘が、そんな大家たいけの嫁になることが出来れば、実に過分の仕合せであるとも思った。
経帷子の秘密 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
近代的なひらめきはないが、そうしたところのないのが、しっとりとした落付きのある、大家たいけの夫人としての品を保たせていた。
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)