“しょうしき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
声色50.0%
鍾子期50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を説いていうには、「身現円月相、以表諸仏体、説法無其形、用弁非声色」[身に円月相を現じ、以て諸仏の体をす、説法無し、用弁声色に非ず]。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
紅葉勃興当時の文壇は各々私交はあっても団体的に行動する事はなかった。春廼舎つや半峰居士伯牙における鍾子期の如くに共鳴したが、早稲田は決して春廼舎を声援しなかった。