“しゅくてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
祝典100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
果然。——華燭かしょく祝典しゅくてんは、血の祭典に変じて、布告ふこくなしの戦争状態にはいった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
チッバ 叔父上をぢうへ、あれは敵方てきがたのモンタギューでござる。今夜こんや祝典しゅくてんはづかしめん惡意あくいいだいてをったのでござる。