“しゅうや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
終夜66.7%
秋夜33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒲団が薄いので、えびのようにかがめて寝る足は終夜しゅうや暖まらない。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
このとき、これにたいして、あちらにかがやいているちいさなほしがいいました。このほしは、終夜しゅうやした世界せかい見守みまもっている、やさしいほしでありました。
ある夜の星たちの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
丹鳳城南秋夜長(丹鳳城南、秋夜しゅうや長し)
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)