“しおひがり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
汐干狩85.7%
潮干狩14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物見遊山ものみゆさんもうしてもそれはいたって単純たんじゅんなもので、普通ふつうはお花見はなみ汐干狩しおひがり
人事は初午はつうま二日灸ふつかきゅう涅槃会ねはんえ畑打はたうち雛祭ひなまつり汐干狩しおひがりの類をいふ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
そして車の中には桜と汐干狩しおひがりの時節には、弁当付往復賃銭の割引広告が貼り出される。
放水路 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「ちょっと見ろよ」と栄二は海のほうへ顎をしゃくった、「もう汐干狩しおひがりをやってるぜ」
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
町内一同で毎年まいとし汐干狩しおひがりに行く船の上でもお糸はよく踊った。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
よく訊いてみると、きのうは旧暦の三月三日で大潮おおしおにあたるというので、老人は近所の人たちに誘われて、ひさしぶりで品川へ潮干狩しおひがりに出かけると、花どきの癖でひる頃から俄か雨がふり出して来た。
半七捕物帳:32 海坊主 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)