“けいちよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
軽佻33.3%
軽重33.3%
輕重33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生来の勝気から自己の感情はかなり内に抑へてゐたやうで、物腰はおだやかで軽佻けいちような風は見られなかつた。
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
しかし事実ではないにもせよ、岩見重太郎を軽蔑するのは甚だ軽重けいちようを失したものである。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
かれの一しん有無うむすこしも村落むらためには輕重けいちようするところがなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)