“くちつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
口吻28.6%
口付28.6%
口附28.6%
口容14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その両親の話してゐることの何であるかが少しはわかつたが——また父親が例の感慨深い口吻で、姉の最初の恋愛の失敗について、その結果を言ふではないにしても
草みち (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
半次の前には、例の口付煙草入れと、土間から拾い上げた吸殻四個とが並べられた。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
馬の口附来る事遅きをれば馬に任せて往かれよという故、馬の往くままに進行すると、川の面六、七間なるに大木をつに割って橋とす。その木の本広さ三就ばかり末は至って細し。
一緒に膳に向う時、この女の汚らしい口容をみるのが厭な気持で、白い腰巻きをひらひらさせてそこらを飛び歩いたり、食べ物を塩梅したりする様子も、どうかすると気にかかってならなかった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)