“きんごう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
近郷90.0%
欽仰5.0%
近郊5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時間のゆるすかぎり、糟谷近郷の人の依頼じて家蓄疾病を見てやっていた。職務忠実な考えからばかりではないのだ。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
人をして欽仰せしむるに足るものあり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大根の時節に、近郊を散歩すると、これらの細流のほとり、いたるところで、農夫が大根の土を洗っているのを見る。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)