“きよてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
居邸100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
就中河間王深居邸結構華麗たるものにして、高陽王ひ、文柏堂造營す、なること帝居徽音殿相齊し、清水玉轆轤き、黄金るに
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)